TOP

スポンサーKataribe

ウォッシャブルスーツの手入れなどなど^^

スーツは自分で手入れできるほうがいいですよね^^でも、そのウォッシャブルスーツは
本当に自宅で手入れできるのでしょうか!?

語っていきます^^

まず、ウォッシャブルスーツでも自宅で洗濯しない方が良いです。

水洗いは生地のハリがなくなりヨレやすくなってしまう上に立体的な仕上げが素人には難しいからです。

クリーニングした方が良いか、しない方が良いかは、汗や汚れの酸化による生地の傷みと

クリーニングの負担による生地の傷みとの兼ね合いです。

汗、皮脂汚れが付いたまま長時間そのままにしておくと酸化して繊維にこびりつき落ち

にくく蓄積されやすい汚れになって生地に負担をかけることになります。ーー;

また、洗いで落ちないくらいの汚れになると蓄積されてしまうので臭いの原因にもなり非常に悪循環です。

なので、スーツに汗・皮脂が付きにくくすることとクリーニング回数を減らすために

こまめに手入れすることが大切です^^

【シワや折目はスチームアイロンで直す】

☆背中や股下のシワや、ズボンの折目のヨレはスチームアイロンをあてて自分で直す
☆自分で修正可能なものはできる限り自分でやってクリーニングに頼らない

【こまめにブラッシングをする】
☆ウールの生地表面に付いたホコリなどの汚れをこびりつく前にブラッシングで落とす

【スーツを肌の接点を減らす】
☆Yシャツは長袖を着る
☆汗をかく夏はズボン下を履く

クリーニングは避けた方が良いとは言っても、汗・皮脂・汚れは放置してはだめですーー;
汚れをたっぷり吸ってしまったら適度にクリーニングに出した方が生地への負担は減ります。

また、クリーニングといってもドライクリーニングは汗汚れを約30%程度しか落とせません><。
汗をすっきり落とすには、ウェット(完全水洗い)やダブルウォッシュ(ドライ+水洗い)が適していますが回数を重ねると生地がヨレやすいので1シーズン前半に1度、しまう前に1度程度にしておいた方が良いです。
それ以外で汚れが気になるようであればドライクリーニングで済ませてシーズン終わりにすっきり汗汚れを落として収納するのが一番良いです^^

ズボンの折目のヨレですが、耐久折目加工という加工をすればだいぶヨレにくくなりますのでおすすめです。

(折目の裏に樹脂を細~く流し固めるので、着用によるヨレはほとんどなくなります)

4,5回はクリーニングに耐えてくれるのでコスパも良いですよ^^

これだけでも、手入れの手間がだいぶ省けてアイロンによるダメージも軽減されるので生地にも良いと思います!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2014-09-12 15:15

コメント (0)