TOP

スポンサーKataribe

冬の乾燥対策いろいろ試してみました^^

寒いといえば乾燥ですね!

まだまだ寒い日が続きますが、寒いといえば乾燥!特に家の中での乾燥が気になります。
冬の室内の最適な湿度は45~60%だそうですが、自室の湿度は30~45%。
雨が降っている時でやっと50%に達するくらいです。

乾燥した室内で過ごすと手荒れひどく、喉もやられてしまいます。
それに、風邪も心配ですね。
かといって、加湿器は邪魔なので買わずじまいです。
暖房をつけていると乾燥は進む一方で…。

今日は、私が試した部屋の加湿の方法を紹介します。

1! 室内に洗濯物を干す

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


これが一番、効果がありました。
部屋の湿度は一気に50%くらいに上がります。
暖房の風が当たるところに洗濯物を干せば、
一日ちょっとで乾くので生乾きにもなりにくいです。

2! 濡れタオルを干す

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


よく聞く「濡らしたタオルを干す」という方法も試したのですが、
自室は湿度が低すぎてタオル一枚では対抗できないようです。
寝る前に干したタオルは朝にはパリパリになっていました。
手軽だとは思うのですが…。
バスタオルを濡らして干したり、フェイスタオルを何枚も干したらいいかも。

3! 料理を作る・湯を沸かす

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

料理を作ると食べ物から蒸気が出て少し湿度が上がりました。
お湯も同じく加湿効果がありました。
でも、ずっと料理し続けたり、湯を沸かしているわけではないので、
持続時間が短いのが難点です。

4! 水を入れたコップ・観葉植物

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


まだ実践していないのですが、こんな方法もあるとか。

水を入れたコップを加湿器代わりに部屋に置いておくのなら簡単にできそう。
観葉植物は蒸散の作用で加湿してくれるようです。
植物は部屋に彩りが加わりますね。

まとめ!!

あくまでも、自室の場合ですが、
洗濯物を干す…◎
濡れタオルを干す…×
料理を作る・湯を沸かす…△
水を入れたコップ・観葉植物…未

乾燥の時期はまだまだ続きます…。
部屋の湿度が最適になることを願いつつ。

みなさんも試してみてください^^

.

最終更新日:2015-03-13 01:22

コメント (0)