TOP

湯船につかることって大切です。

こんにちは^^
最近の朝晩は、少し寒くなりましたよね。

寒い季節になるとお風呂っていいですよね。
なんだぁ、いきなりと思われるかもしれませんが、この時期からのお風呂は最高ですよね☆

今回は、少しお風呂についてお話をします。

本題といたしましては、みなさん湯船に入っていますか~!ということです。

若い方は、シャワーだけという人もいるのではないでしょうか。
清潔さを保つという意味では、シャワーだけでもよいと思います。
けれど、湯船に入ることでいろいろ効果がありますので、少しご紹介しますね。

1、リラックス効果
 湯船に入ったとき、「はぁ~」「ふぅ~」とかつい口に出してしまいませんか。特に、一人で入っているときなんか、お風呂ですごくリラックスできますよね。医学的にはβエンドルフィンなどのリラックス系ホルモンが分泌され、そのホルモンの作用により心身ともに落ち着くそうです。

2、血行が促進される
 温熱による血管拡張作用で、血行が促進されます。お風呂からあがったら、身体がぽかぽかするのは実感できますよね。

3、皮ふ清浄による美容効果
 入浴すると体温が上昇してきます、そうすると皮脂腺から皮脂が分泌され、汗腺からの汗と混ざって皮脂腺をつくり、肌に潤いをもたらすそうです。入浴剤などを入れないただのお湯でも、半身浴などでしっかりと湯船に浸かれば皮ふはきれいになるんですよね。

4、病気の予防効果
 温熱効果やリラックス効果、血行促進効果によって、白血球の働きが高められ病気の予防になります。また、温熱効果により血栓を溶かすために備わっているプラスミンという酵素が増え、脳梗塞や心筋梗塞の予防にも役立つそうです(ただ、高血圧の方や心臓に持病を持たれている方は、お風呂の入り方についてもきちんと医師の指示に従ってくださいね)。

以上、代表的な効果を挙げましたが、以下は気になる効果を調べてみました。

5、体の汚れの約8割が洗浄される
 湯船に10分以上浸かるとこの効果があるそうです。毛穴が開いて、皮脂が落ちるということでしょう。この方法は、タモリ式入浴方法と言われているそうで、最近結婚報道で話題の福山雅治さんも実践されているそうです。

6、快眠効果
 しっかり湯船に浸かった後、しばらくするとすごく眠たくなることはありませんか?私だけ?
医学的な実証はないのですが、お風呂からあがると徐々に体温が下がってきて、リラックス効果も作用して眠たくなるのではないかなぁと考えます。ドラマとかで冬山で遭難したときに眠たくなっている場面を見ますが、体温が下がることと関係していると思います。

以上、この冬はお風呂でポカポカしましょう^^

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2015-10-19 00:25

コメント (0)